塗り絵日記

大人の塗り絵ブログです。

2017】大人の塗り絵作品例付・使用画材紹介

 

大人の塗り絵に最適な色鉛筆を探して当ブログに辿りつかれるお客さまが多いので、比較検討しやすいように各画材で塗った作品例を添えて、使用画材達の紹介をしてみたいと思います☆

 

■ファーバーカステル・ポリクロモス■

f:id:ofukusuke:20170131082547j:plain

f:id:ofukusuke:20170131083818j:plain

24色セットを持っています。

私は結構、色を重ね塗りしてしまぅ派なので、案外24色でも事足りてることが多いです。 …が、ピンク系が1本も入ってない、紫も赤系紫が1本だけと、それが地味に不便です💦 ポリクロモスをセット購入されるなら、36色セット以上をお勧めします。値段がお高めですが、硬すぎず柔らかすぎずで、超バランスのいい色鉛筆だと思います。全120色。

 

■プリズマカラー■

f:id:ofukusuke:20170131152017j:plain

f:id:ofukusuke:20170201085326j:plain

132色セットを持っています。

鮮やかな色に超柔らか芯で、かなりこってり系の厚塗りができる色鉛筆です。厚塗り特化型の色鉛筆だと思いますので、厚塗りが好きではない方が使うと「ぁ?ナニコレ?(#゚Д゚)」と思ってしまう柔らかさかも?💦 学生時代に使った色鉛筆とは全く別物と思ってほしい色鉛筆。厚塗り好きの私は大好きな品です♡ 全150色。

画材購入 プリズマカラー 132色 レビュー - 塗り絵日記

 ↑ プリズマカラー132色購入時のレビューはコチラ☆

 

■三菱No.888■

f:id:ofukusuke:20170131151935j:plain

f:id:ofukusuke:20170131151957j:plain

プリズマカラー132色を購入前に、ポリクロモス24色じゃ色が足りなくて購入してみた品です。

三菱880級色鉛筆等のいわゆる『普通の色鉛筆』を『塗り絵に使いやすいように可愛い系の色を多く揃えたセットを作ったよ~!版』な感じだと思います。パステルカラー系の色も多めに入っているので使い勝手が良く、色々な色鉛筆を購入した今でもよく使っています。(No.888色鉛筆のバラ売りはないそうなので、なくなったら880級から近い色を探して補充してくださいとのことみたいです)

No.888色鉛筆でアンティーク風に塗ってみた☆完成 - 塗り絵日記

↑No.888色鉛筆の暗め色のみで塗ってみた作品例はコチラ☆

 

■ファーバーカステル赤缶・水彩色鉛筆■

f:id:ofukusuke:20170131084915j:plain

f:id:ofukusuke:20170131085540j:plain

ファーバーカステル赤缶の水彩色鉛筆です。ポリクロモスと同じファーバーカステルの名前ですが、赤缶は安価版(完全なる別物)です。

紙質が合えばソコソコ塗れるのですが、ツルツル系の紙質(100均癒しの塗り絵シリーズとか)だと色ノリ悪いです。水に溶かさず使う分にはアリだと思いますが、水彩として使うには水に溶かした後(水溶けは非常に良いです)の発色が弱い印象です。

 

■サクラクーピーペンシル■

f:id:ofukusuke:20170519124206j:plain

f:id:ofukusuke:20170519124224j:plain

 60色セットを持っています。まだ購入してから間がないため詳しい感想は書けません(練習中です💦)が、今の所楽しく塗れていますv

画材購入☆サクラクーピーペンシル60色レビュー - 塗り絵日記

 ↑ クーピー購入レビューはコチラ☆

 

以上、所持色鉛筆『セット』の紹介でした。

以前は『色鉛筆の色数は多いほどイイ!』 …と思っていましたが、最近は少し変わってきました。ベタ塗りがお好きな方は色数が多いに越したことはないと思いますが、重ね塗りがお好きならそんなに本数は必要ないのかも。

本数が多いと出したりしまったりも地味に面倒です。自分専用机がない場合は36色~60色程度が一番使い勝手が良いのかな~?とも思っている2017年の今日この頃です。 …画材大好き人間なので、来年も同じ考え方してる自信はないのですが(笑 イッパイの色が並んでいるのを見るだけで幸せになれるよね!!Σd(゚∀゚d)

 

■色辞典■

f:id:ofukusuke:20170220085301j:plain

f:id:ofukusuke:20170220085310j:plain

 ■ホルベイン アーチスト色鉛筆■

f:id:ofukusuke:20170325234315j:plain

f:id:ofukusuke:20170325234354j:plain 

バラ買いで約30色程度持っています。厚塗り・厚塗り系重ね塗りにはあまり向いていない印象なのですが、1本1本の色の発色がとてもよく、もし次にセット買いをする色鉛筆があるならば、ホルベイン色鉛筆(懐具合にもよりますが150色セット)を買うと思います。 全150色。

MELTZ(メルツ)といぅ色鉛筆ぼかし液があり、これを使えば水彩色鉛筆のよぅに溶かすことが可能です。(※私は↑の筆に付けて使う液タイプを持っていますが、ペン型のメルツ液もありました)

↓背景の青色部分やカニハサミ等の部分をメルツ液で溶かしています。

f:id:ofukusuke:20170328084614j:plain

 

 

  ■透明水彩■

f:id:ofukusuke:20170131160551j:plain

ホルベイン透明水彩を使っています。18色のセットを買った後、バラ買いで徐々に増え、今では84色持ちになりました。絵の具大好きです(笑

イラスト系の絵を塗るなら↑セットでも十分塗れると思うのですが、風景などの自然系の絵を塗りたい場合は、このセットの色だと塗りにくいです。特に緑系(ビリジャン強すぎ問題)がそのまま使うと浮く色揃いといぅ💦 植物に使う緑は青+黄系で自作するか、リーフグリーン・サップグリーン辺りをバラ買いで追加すると使いやすくなると思います。

 

因みにパレットは↑を使っています。大きなサイズの絵を書くなら大きなパレットの方が使いやすいですが、塗り絵くらいならこの小さめのパレットでも十分です。絵の具をパレットに固めて洗わず使うと思いますので、ホコリが入らないように二つ折りにできるタイプが使いやすいかと思います。

筆は特に拘りなく使ってますが、毛先がボハボハになったら早めに替えるようにしています。只今、色んな筆をジプシー中ですv

 

 

■透明水彩+色鉛筆■ 

f:id:ofukusuke:20170131160613j:plain

f:id:ofukusuke:20170131160743j:plain

下地を透明水彩で塗り、その上から色鉛筆で細かい部分を塗っています。最近はカラーインクで下地を塗って、その上に色鉛筆を重ねたりもしています。

色鉛筆だけで塗るより早く完成する&凝った塗りに見えるので、大好きな塗り方です(b´∀`)

私はコピーとかでなく塗り絵本の紙に直接塗っていく派なので、なるべく紙質が厚めの本を選ぶようにしています。

 

 ■カラーインク■

f:id:ofukusuke:20170131160526j:plain

ドクターマーチン・ラディアント(耐水性にならないタイプ)を使っています。発色がとても綺麗なのですが、色によっては耐光性が全くなく、長く残したい作品への使用は向きません。↑の色とか超かわいいのですが、たとえ直射日光に当たっていなくても徐々に色が薄くなってゆきます…orz 全56色。

※紙質によっては裏染みしますので、使用の際には注意が必要です。

 

■番外編・100均ダイソーの固形絵の具■

f:id:ofukusuke:20170131160650j:plain

色の溶けや伸びは正直悪いのですが、色味がなかなか可愛くてアリだと思う100均画材です。

下地に使う分には十分かと ♪ 付属の筆はお話にならない品ですので別に買いましょう💦

  

以上、作品例付き画材紹介☆2017年版でしたー!

こんな感じの画材達で、日々、塗り絵を楽しんでおります(b´∀`)

 

これから塗り絵を始められる方への「最初に買うオススメ色鉛筆」はコチラ